天候に関係なく紫外線は降り注いでいる!

紫外線は晴れている日に浴びる可能性があると思いがちです。
人によっては天気が良い日は紫外線対策を取るけれども曇や雨の日はなにもしない人もいるようです。

しかし、それは間違いです。

確かに雲がまったくない快晴の日は紫外線の量は最も多くなりますが曇りの日も快晴の時の50%から80%、雨の日も快晴の時の20%から30%は紫外線を浴びる可能性はあるのです。

つまり、天候に関係なく紫外線は降り注いでいるのです。

そのため、晴れの日にしか紫外線対策を取らないのは間違っているのです。

紫外線はシミやシワを発生させる原因にもなりますが免疫力の低下や白内障、皮膚がんまで引き起こす可能性を秘めています。

当然、何もしないで毎日紫外線を浴びていると、
そのリスクはドンドン増してくることになります。

天気が良い日にしか対策を取らなかった場合には曇りの日や雨の日の紫外線を浴びた量が蓄積されて思わぬ病や美容面でのリスクを背負うことにもなりかねません、

日々紫外線対策は怠ることなく日傘やサングラスに帽子などで降り注ぐ紫外線から身を守る意識を持つことが必要なのです。

紫外線は水分も通過して影響を及ぼします。
晴れた夏の日などは海やプールで遊ぶ機会も増えることでしょう。

でも、水の中にいてもしっかり紫外線は通過して影響を与えてくるのだということは認識しておきましょう。極度に気にしすぎる必要もないかもしれませんが、全くの無防備で紫外線を浴びるのは考えものです。ちょっとした対策を取るだけでも体に与える影響は軽減されるのです。