室内に入っていれば紫外線の影響はない?実はウソ

紫外線は外を出歩いていると浴びることになる。
これは間違っていません。

では、家や車に電車などの屋内にいる時は紫外線は浴びないで済むのでしょうか。

浴びる可能性がある紫外線には紫外線Aと紫外線Bがあります。
紫外線Bの方が波長が短く強力で体に与える影響は大きいと言われます。

紫外線Bはガラスなどで遮断されている屋内にはほぼ入ってきません。

ただ、薄いガラスなどですと入ってくる可能性もあるようです。

紫外線Aに関してはガラスがあっても半分ほどの量は入ってくると言います。外で浴びるよりは少ない量ですが、毎日浴び続けると当然、シミやシワに白内障や皮膚がんになるリスクは高くなるのです

屋内でも無防備で紫外線対策を取らずに生活をしていると紫外線を浴びる危険性があるのです。屋内での紫外線対策は日傘や帽子をかぶるわけにもいかないので紫外線がガラス越しに侵入してこないように対策を取ることです。

そのためには遮光カーテンを利用するとか紫外線をカットする効果のあるガラスを入れる、紫外線をカットしてくれるフィルムをガラスに貼るなどして対策を取ることが可能です。

家でも車でもこうした対策を取るだけでも紫外線を浴びるリスクは相当に減ってきます。微々たる紫外線量でも毎日浴びていると相当な量の紫外線を浴びることになります。

紫外線対策はどこにいても頭の片隅にでも入れておいて紫外線の侵入に気がついた時には早々に手を打つことがとても重要なポイントになるのです。