紫外線のピークは夏た年中、対策を行いたい

紫外線は晴れていても曇りでも雨でも必ず放出されています。
天気の良し悪しに関係なく紫外線対策は必要となるのですが日本には四季があります。日光の日差しが強い夏とそうでもない冬という季節、それに中間である春と秋という季節があるのです。

1年を通して紫外接は当然発せられていることになりますが、
最も紫外線が多い季節は真夏である7月8月の時期となります。

紫外線量自体は5月頃から増え始めて7,8月でピークを迎えるのです。

春や秋は真夏の半分程度の紫外線量で冬は真夏の5分の1程度の紫外線量となります。
これは紫外線Aであっても紫外線Bであっても同じ傾向にあるのですが、特に紫外線Aに関しては年間を通して地表に届く量が多いのが特徴となります。

季節によって紫外線量は変化はするものの紫外線は必ず放出されて浴びる可能性があります。

当然、紫外線対策も年間を通して必要となります。
夏場は日傘をさしたりサングラスを掛けたり帽子を被ったりと自然に紫外線対策をとっているものですが、その他の季節となると意外と油断をしている人が多いのではないでしょうか。

紫外線もたとえ微量であっても浴び続けることは皮膚がんを始め白内障や免疫低下、シミやシワの原因となることを否めません。どの季節であっても日射しがほとんどないような日でも必ず紫外線は放出されているのだということをよく理解して日傘やサングラス、つばのある帽子などを紫外線対策として積極的に利用していくことが結果的に体を自分で守る手段になるのです。