紫外線のピークは夏た年中、対策を行いたい

紫外線は晴れていても曇りでも雨でも必ず放出されています。
天気の良し悪しに関係なく紫外線対策は必要となるのですが日本には四季があります。日光の日差しが強い夏とそうでもない冬という季節、それに中間である春と秋という季節があるのです。

1年を通して紫外接は当然発せられていることになりますが、
最も紫外線が多い季節は真夏である7月8月の時期となります。

紫外線量自体は5月頃から増え始めて7,8月でピークを迎えるのです。

春や秋は真夏の半分程度の紫外線量で冬は真夏の5分の1程度の紫外線量となります。
これは紫外線Aであっても紫外線Bであっても同じ傾向にあるのですが、特に紫外線Aに関しては年間を通して地表に届く量が多いのが特徴となります。

季節によって紫外線量は変化はするものの紫外線は必ず放出されて浴びる可能性があります。

当然、紫外線対策も年間を通して必要となります。
夏場は日傘をさしたりサングラスを掛けたり帽子を被ったりと自然に紫外線対策をとっているものですが、その他の季節となると意外と油断をしている人が多いのではないでしょうか。

紫外線もたとえ微量であっても浴び続けることは皮膚がんを始め白内障や免疫低下、シミやシワの原因となることを否めません。どの季節であっても日射しがほとんどないような日でも必ず紫外線は放出されているのだということをよく理解して日傘やサングラス、つばのある帽子などを紫外線対策として積極的に利用していくことが結果的に体を自分で守る手段になるのです。

日焼けサロンも紫外線の影響を受けるので危険!

日に焼けた肌、小麦色の健康そうな肌は一時期は若い世代を中心に多くの人の憧れでした。

肌が白い人でも日に焼けたいと思う人は数多くいたのです。
そんな時代に出現してきたのが日焼けサロンです。

日焼けサロンは人工的に紫外線を発する装置がついたベッドにサンオイルを塗って寝るとキレイにこんがりと理想の色に焼けるという場所です。

昔はこうしたサロンが数多くありどこも結構はやっていたものです。
その頃は今ほど紫外線の有害性を知る人も少なく紫外線対策を取っている人も日に焼けたくないという理由から日傘や帽子を被っている人がほとんどだったのです。

ところが7年ほど間には国際がん研究機関が日焼けを人工的に起こす日焼けマシンは癌を発生させるリスクがかなり高いと発表をされました。

特に30才以下の若い世代が日焼けマシンを使用すると相当にそのリスクが高いと発表したのです。

つまり、太陽から降り注がれる紫外線も人工的に発する紫外線も同等に健康面や美容面でリスクを生む可能性が高くシミやシワに白内障や免疫力の低下、皮膚がんになる危険性が増えることになるのです。

最近は紫外線の有害性を知る人も増え紫外線対策を取る人も増えました。

そのためもあり日焼けサロンは激減しました。日焼けをしたいと思うのはもちろん自由です。確かに小麦色の肌には魅力を感じます。しかし、その陰には美容面でも健康面でもリスクが高まることは間違いがありません。できるだけの紫外線対策は取るように心がけたいものです。

室内に入っていれば紫外線の影響はない?実はウソ

紫外線は外を出歩いていると浴びることになる。
これは間違っていません。

では、家や車に電車などの屋内にいる時は紫外線は浴びないで済むのでしょうか。

浴びる可能性がある紫外線には紫外線Aと紫外線Bがあります。
紫外線Bの方が波長が短く強力で体に与える影響は大きいと言われます。

紫外線Bはガラスなどで遮断されている屋内にはほぼ入ってきません。

ただ、薄いガラスなどですと入ってくる可能性もあるようです。

紫外線Aに関してはガラスがあっても半分ほどの量は入ってくると言います。外で浴びるよりは少ない量ですが、毎日浴び続けると当然、シミやシワに白内障や皮膚がんになるリスクは高くなるのです

屋内でも無防備で紫外線対策を取らずに生活をしていると紫外線を浴びる危険性があるのです。屋内での紫外線対策は日傘や帽子をかぶるわけにもいかないので紫外線がガラス越しに侵入してこないように対策を取ることです。

そのためには遮光カーテンを利用するとか紫外線をカットする効果のあるガラスを入れる、紫外線をカットしてくれるフィルムをガラスに貼るなどして対策を取ることが可能です。

家でも車でもこうした対策を取るだけでも紫外線を浴びるリスクは相当に減ってきます。微々たる紫外線量でも毎日浴びていると相当な量の紫外線を浴びることになります。

紫外線対策はどこにいても頭の片隅にでも入れておいて紫外線の侵入に気がついた時には早々に手を打つことがとても重要なポイントになるのです。

天候に関係なく紫外線は降り注いでいる!

紫外線は晴れている日に浴びる可能性があると思いがちです。
人によっては天気が良い日は紫外線対策を取るけれども曇や雨の日はなにもしない人もいるようです。

しかし、それは間違いです。

確かに雲がまったくない快晴の日は紫外線の量は最も多くなりますが曇りの日も快晴の時の50%から80%、雨の日も快晴の時の20%から30%は紫外線を浴びる可能性はあるのです。

つまり、天候に関係なく紫外線は降り注いでいるのです。

そのため、晴れの日にしか紫外線対策を取らないのは間違っているのです。

紫外線はシミやシワを発生させる原因にもなりますが免疫力の低下や白内障、皮膚がんまで引き起こす可能性を秘めています。

当然、何もしないで毎日紫外線を浴びていると、
そのリスクはドンドン増してくることになります。

天気が良い日にしか対策を取らなかった場合には曇りの日や雨の日の紫外線を浴びた量が蓄積されて思わぬ病や美容面でのリスクを背負うことにもなりかねません、

日々紫外線対策は怠ることなく日傘やサングラスに帽子などで降り注ぐ紫外線から身を守る意識を持つことが必要なのです。

紫外線は水分も通過して影響を及ぼします。
晴れた夏の日などは海やプールで遊ぶ機会も増えることでしょう。

でも、水の中にいてもしっかり紫外線は通過して影響を与えてくるのだということは認識しておきましょう。極度に気にしすぎる必要もないかもしれませんが、全くの無防備で紫外線を浴びるのは考えものです。ちょっとした対策を取るだけでも体に与える影響は軽減されるのです。

日本製の飲む日焼け止めは天然のポリフェノールだから安全性は高い

飲む日焼け止めニュートロックスサンの安全性やその効果について。

飲む日焼け止めという美容サプリがあります。
普通の日焼け止めは肌に直接塗って、紫外線から肌を守りますよね?

しかし、最近雑誌やメディアで紹介されている日焼け止めは、
従来のように肌に塗るタイプではなく、
日焼け止めを服薬するといった、
今までにない発想から生まれた商品となります。

ここでは、飲む日焼け止めニュートロックスサンの効果はどの様に出るのか、また安全性は確証されているのかを、分かりやすく記載していきたいと思います。

天然成分のポリフェノール

ニュートロックスサンは天然のポリフェノールで出来ている!といえます。

ニュートロックスサンは、シトラス果実とローズマリーから成分を抽出しております。
その成分を配合して製品開発をされております。

つまり、ニュートロックスサンの主な成分はほとんどが天然のポリフェノールだといえます。

なぜ、シトラスやローズマリーといった果実が日焼け止めの効果を発揮するのかと言うと、これらを特定の成分で配合すると、物質の変化によって服薬をすることにより、紫外線から肌を守ってくれ、日焼けの予防になると発見をされました。

ニュートロックスサンの安全性は、主な成分が天然のポリフェノールになっておりますし、その他の成分に関しても人体に有害となる成分は含まれておりませんので、安全性はしっかりと確保されております。

また、ポリフェノールは体に良い効果を発揮してくれますので、日焼け止めとしてではなく、毎日のポリフェノールの摂取を行うという目的でもご使用されております。ニュートロックスサンはサプリメントとしても使用できるという事を見ても、安全性は確実なものとなっております。

ニュートロックスサンの効果

飲む日焼け止めニュートロックスサンを製品開発を行ったのが、
スペインのモンテローザ社となり、
紫外線の強い国でどの様にすれば、
紫外線をカットできるのかと10年以上の歳月をかけて研究をされました。

ニュートロックスサンを試した場合の紫外線カット率は60パーセントとなっております。
この数字を見て100パーセントではないんだ。
と思われましたか?

実際は塗るタイプの日焼け止めに関しても100パーセントは不可能となります。

また、正しく日焼け止めクリームを使おうとすると、
たっぷりと日焼け止めクリームをムなく塗る必要がありますし、
約2時間毎に塗り直しをする事が前提となります。

また、正しく使っていたとしても、
汗や日焼け止めクリームのベタつきがあり、
しっかりと作用することができなくなってしまいます。

それらに加えて、日焼け止めクリームを使用することによって毛穴が詰まってしまい肌荒れの原因となる可能性も出てきます。

しかし、飲む日焼け止めニュートロックスサンは、
飲むタイプですので塗り直しの必要がなく、肌荒れの心配も必要ありません。
塗るタイプの日焼け止めから飲むタイプの日焼け止めに変更する方も、近年増加しています。

ニュートロックスサンの力

ニュートロックスサンには、活性酵素をコントロールする力があります。
活性酵素を抑える事によって、紫外線からの肌へのダメージを減少させる効果があります。

また、肌本来の力を大幅に向上させる働きもあります。
この肌本来の力を向上させるというのは、
自己免疫効果ともいいまして、
紫外線で炎症を起こした肌へのダメージを自分の力で治すといった作用がニュートロックスサンを服薬すれば、可能となりました。

すでに日焼けをしてしまった肌へのダメージに関しても同様のことがいえますので、
従来型の日焼け止めと違って、自己の活性化にも貢献しております。
この肌の活性化は、いつまでも若々しい肌であり続けるという美容効果も相乗的に発揮してくれます。

【まとめ】

これらの理由によって、飲む日焼け止めニュートロックスサンは使用者が増加しています。
自己のアンチエイジングの為にも、是非一度お試し下さい。
飲む日焼け止めはどれぐらいの間、効果あるのかな?知りたい方は飲む日焼けの飲み方は持続効果を参考に。